>>会員登録いただくと生薬ブログ最新情報をメルマガにてお届けします!メルマガ登録で更に300ポイントプレゼント!

生薬の話

普導丸は「なぜ効くの?」その3 ~まとめ~

crude_drug_220801_gladiolus.jpg

御嶽山の火山活動が沈静化傾向にあり、噴火警戒レベルが1に引き下げられました。今年も7月2日に地元の多くの方々と協力して、登拝の方々の安全を祈願しつつ、里宮口、王滝口の登山道整備をしました。皆様のお越しをお待ち申し上げております。

  

さて、当社では、普導丸の効能効果の分かり難さの克服のために、科学的根拠(エビデンス)に基づいた数値又は検証結果で示すことが出来ないものかと検討してきましたが、検討を重ねているうちに浮かび上がってきたのが「普導丸のような生薬製剤は、未だ未解明の成分も含めて多成分で構成されており、その丸ごとの効果が効果であって、化学薬品と同様に科学的指標によって効果を示そうとする考えそのものが馴染まない」というものです。

今回は、この「浮かび上がってきた考え」について、お話させていただきます。

経緯

まず、一昨年の秋から本格的な検討に取り掛かり、昨年の3月に「お客様向けアンケート」を実施し、その集計をまとめました。予想していた通り、様々な効能効果がある中でも「めまい」「気分不快」で服用される方が、やはり、多いことが明確になりました。信憑性のある数値として傾向を把握することができたのです。

その後、この集計結果を踏まえて具体的にどのような説明が適切な情報提供になり得るのかを、専門の生薬学の先生に昨年11月にお越しいただき伺いました。

浮かび上がった考え

先生のご見解やその後の意見交換の中で、ふっと浮かび上がってきたのが「西洋薬(合成製剤)と伝統薬(生薬製剤)の違い」です。「複数の生薬を組み合わせた生薬製剤においては、数値等による科学的根拠よりも、服用経験によって得られた知識や知恵を優先し、それを根拠として効能効果を示す」という考えです。

多種多様な成分を含む漢方・生薬製剤の薬効は、純粋な化合物である化学薬品と比較し、適応・服用方法・作用機序等の点で多くの相違があります。さらに、普導丸は予防あるいは病後の再発防止を目的とした医薬部外品で、効能効果の表示・標榜が難しい。

生薬製剤は、中国古代の漢民族が経験によって体系立てた医学理論に基づく治療薬をルーツとしています。ある特定の疾病(症状)に対して有効な成分だけを取り出し合成して製剤化する西洋薬とは根本的に異なるのであり、科学的データだけで効能効果を説明しようとしても説明しきれないと思いました。

気づいたこと

「どういった場合に、どのように服用するのか」というような、それぞれの病態に応じた具体的な製品説明(情報提供)が重要ということに気付かされています。普導丸は全身的・総合的に作用するのが特長です。お客様の症状に適した普導丸ならではの情報提供、そのための事例集の整備に取り掛かることが大切であると思っています。

まとめ

とは申しましても、普導丸を安全に服用していただくためには、科学的根拠(エビデンス)の考え方が必要であることも否めない事実です。

お客様に安心して普導丸を服用していただけるように、引き続き検討を続けてまいります。

  

暑さの折、皆さまお体を大切にお過ごしください。

  

普導丸


日野製薬オンラインショップ

>>会員登録いただくと生薬ブログ最新情報をメルマガにてお届けします!メルマガ登録で更に300ポイントプレゼント!