薬草の花

ゲンノショウコ(現証拠)【9月】

独特の作用、下痢にも便秘にも

「煎じ液を飲めばまたたく間に下痢が止まる」 の意味で「現の証拠」と名付けられた薬草で、昔から民間薬としてよく知られる。道沿いの草地などにごく普通に見られるありふれた植物で、 いつでも手に入るため広く利用されてきた。不思議なことに、中国では薬草としての使用がないという。

ゲンノショウコの花は西日本には紅紫色の、東日本には白色の花が多く、 長野県では北信地方に白花が多く、中南信では淡紅色と白色が混在する。特徴のない当たり前の花だが、近付いてよく見れば、それなりに可憐である。夏の終わりに、熟した果実が下からはじけて種を飛ばすが、 裂開したその姿がシャンデリアの飾りを思わせてユニークである。その形からミコシグサとも呼ばれる。ゲンノショウコ-2.jpg

下痢にも便秘にも

開花時に全草を刈り取り、 日干ししたものが、 民間薬「現之証拠」 で、 ゲラニインなどのタンニンを多量に含む。赤痢などの裏急後重 (しぶり腹)を伴う下痢に効果があるとされる。現之証拠は煎じ方で下痢止めにも、 便秘の際に使う緩下剤にもなる。長時間煎じるとタンニン類が抽出され下痢止めに働くが、短時間だと緩下剤となる。

別名フウロソウ

ゲンノショウコは別名フウロソウと呼ばれる。フウロソウ属の花はみな美しいが、 高山に咲くハクサンフウロやグンナイフウロは特に美しい。ところで、フウロソウの名のいわれは、 「フウロ野のような所に生える草の意味で、 フウロ野とは三方を林で囲まれた牧草などを育てる土地をいう。さらに、フロは風炉、風呂のように四角の区画で三方が閉じていて、 一方が開いた形のこと」だそうだ。ゲンノショウコ-3.jpg

Geranium nepalense フウロソウ科フウロソウ属 別名●イシャイラズ、 ミコシグサ 生薬名●現之証拠

▼花期 七~十月

【ミニ図鑑】フウロソウ属の学名はゼラニウムで、園芸上のゼラニウムは正確には同じ科のペラルゴニウム

出典:「信州・薬草の花」(クリエイティブセンター)

   市川董一郎(文)栗田貞多男(写真)