薬食同次元

健やかに生きるための「食」

中国における食文化の一つに「薬食(やくしょく)同源(どうげん)」ということばがあります。
薬物と食物はその源が一つであるという考え方です。

食物は、生命を維持するためだけではなく、健康を増進させるものでなければなりません。
健やかに生きるためには、正しい食生活をして心身ともに健全であることが基本です。
「薬食同源」の世界では、食物は薬物であると考えます。

中国医学の理論

中国では古くから病気の予防、治療、滋養強壮、老化防止などのために、天然の薬物を食物と組み合わせておいしく食べる調理法がありましたが、これが「薬膳」です。

天然物は、薬物と食物の境界が混然としていて判別のつかないものがたくさんありますが、これらを目的に合わせて上手に組み合わせて、栄養、効能、色、香、味、形などをそろえ調理したおいしい料理が「薬膳」です。
元気で長生きしたいという人々の願いから生まれた中国独特の料理です。

blog_03_2 .jpg

中国医学の理論では、薬物や食物には性質、味、効能があり、これらをバランスよく配合することが、薬の処方や薬膳の基本となることを説いています。
これらの組み合わせが正しければ効果が出ますが、間違えば弊害が出てしまうのです。

日野製薬の作る生薬製剤

さて、当社が製造する「普導丸」は、中国古代からの医学理論に基づく天然の薬物の配合剤の漢方製剤でもなく、「薬食同源」の思想に基づく「薬膳」でもありませんが、中国医学的な考えをとり入れて長い間の製造経験に基づき最適な配合処方を導き出した生薬製剤です。

生薬製剤に用いる主な成分と特長blog_03_3.jpg

主成分のオウバク末は、古くから胃腸病に用いる代表的な生薬で、体を冷やす性質を持っていますが、このオウバク末に体を温めてくれる性質のトウキ末、センキュウ末、ウイキョウ末、ガジュツ末、ショウキョウ末、ケイヒ末を配合しています。
味は、苦味、辛味、甘味を持つ生薬を程よく配合しています。

トウキ、センキュウは、婦人病の要薬として代表的な生薬です。

ウイキョウは、葉をフェンネルといい肉や魚料理に、ショウキョウはショウガとして、ケイヒはシナモンとして料理に用いられています。
いずれも薬物としても食物としても用いられてきた天然物です。

長い歴史の中で効果が認められ多用されてきた天然物の中から目的に合ったものを選び、最適な組み合わせで製剤化した普導丸は、まさに「配合の妙」により生み出された丸剤と言えます。

           

参照:NHK人間大学「漢方・生薬の謎を探る」難波恒雄著