日々の出来事

御嶽山御神火祭

6日までは、場所によって集中的に雨が降りましたが、この2日は1日中晴れて、日中、木曽と思えないほど暑い日が続きました。

毎年、8月7日に御嶽教木曽本宮で、御神火祭が開催されます。今年で63回目になります。

夜の7時に奉仕団による松明行列三振があり、8時から木曽本宮の神殿で神事が行われました。玉串奉奠の後、広場に積み上げられた3つの斎木の山に点灯されました。写真のように燃え盛るころには熱くなったので、階段上から撮影しました。

燃え尽きた後に、神殿に戻り神事が再開され、夜10時ころに閉祭となりました。

今年は京都府区、北陸3県教区から230名の信者の方たちが参加され、ご奉仕をされました。

木曽にとってはこのような行事にたくさんの方たちが参加されることは誠に有難いことです。