木曽の便り

木曽御嶽山合同開山安全祈願式

今日、御岳ロープウェイで木曽御嶽山合同開山安全祈願式がありました。

噴火がある前は、御嶽山合同開山祭と呼ばれていましたが、亡くなった方々のご冥福と行方不明者が早く見つかるようにという祈りと安全登山を祈願する式典となりました。

主宰は木曽町と王滝村の観光協会で、一年おきに黒澤口と王滝口の登山道の入り口で式典を行います。今年は木曽町が当番で黒澤口で式典が行われました。

Ongk1603.jpg今日は天気も良く、開式前は雲で覆われていた御嶽山が式典の間は見ることができました。

左の写真では御嶽山の左側が見え、右側の一部が雲で覆われています。

式典の後に希望者は8合目まで行き、献花をすることになっています。私は明日登山道整備で9合目まで行くので、明日献花をする予定です。

Ongk1602.jpg式典の後に、大桑村の人たちがヒノキを削って自作したアルプフォルンの演奏が行われました。