木曽の便り

木曽郡植樹祭

10月17日(土)にやぶはら高原こだまの森で木曽郡の植樹祭があり、参加しました。

木祖村と日進市が毎年行っている植樹祭も併せて行われたので、日進市からも参加者がバスで来ていました。

10時半に開会式がありましたが、その中で木祖村の中学生や日進市の中学生の挨拶もありました。木曽町にある長野県林業大学の学生も参加したので、若い人の参加者が多い大会でした。木曽地域の93%が森林に囲まれていますが、このように若い人たちに植樹を体験してもらうことは、木曽地域の保全の上で大切なことと思います。

Kisosj03.jpg開会式の後に、グループごとに植樹を行いました。人数が多かったので、1本だけ木を植え、山道にチップ撒きをしました。雲一つない 秋晴れで気温が高かったので、作業中に汗をかきました。

植樹の後に、開会式の場所に戻り、昼食をとって散会しました。