日々の出来事

大桃公湛先生の結婚式

9月13日(土)に御嶽教八海山本部大教会四代目教会長 大桃公湛先生の結婚式がありました。

12時少し前に新潟県三条市にある結婚式場「餞心亭おゝ乃」に行きました。会場には教会の役員・信徒の方々、御嶽教の村鳥管長ご夫妻、各教会長がお越しになっていました。

1時半から村鳥管長祭主のもと御嶽教の作法に則り厳かに挙式が行われました。上の写真は「三三九度の盃」の時の写真です。

Oomomo1.jpg挙式の後、八海山本部大教会総代の石丸賢一ご夫妻のご媒酌のもとに披露宴があり、150名を超える方々が参列されました。

御嶽山王滝口を開闢された普寛行者により越後八海山の分神が御嶽山に勧請され八海山神社に祀られているように、木曽と越後八海山は大変深い関係にあります。

先代の大桃吉雄先生は御嶽教第11代管長として御嶽教の発展に大変貢献されました。このように由緒ある八海山本部大教会の教会長の結婚式に参列できたことは大変光栄であると感謝しています。

大桃公湛教会長は15歳から信仰の道に入り、厳しい修行をされ、何事も前向きに道を切り開いていく方なので、教会がますます発展されるものと思います。