日々の出来事

第一回木曽本宮春季大祭

昨年完成し遷宮した御嶽教木曽本宮で第一回の春季大祭が斎行されました。

11時半ころに木曽本宮に行ったら既にたくさんの人が来ていました。受け付けを済ませ、控室でお茶を頂戴した後で本殿の来賓席で大祭が始まるのを待ちました。上の写真はその時に撮影した神殿です。

12時から神事が始まりました。神事を執り行う先生方と支える先生方の顔ぶれを見ると若返ったという印象を受けました。

Kisohgs2.png神事の終わりに村鳥管長があいさつされましたが、木曽本宮に遷宮してから日々新たな縁が生まれていると、いくつかのエピソードを紹介されました。須坂市の80歳の女性の方が手製の座布団を寄贈されたというお話は印象に残りました。

神事が終わった後で、遷宮後に新たに造営された滝や大教殿を見て回りました。

右の写真は埼玉県の先生が寄進された清明瀧で、ここで水行ができるようになっています。

その後で、木曽本宮とは木曽川の対岸にある国道19号の道の駅「木曽市場」に立ち寄って、木曽本宮と御嶽山を撮影しました(下の写真)。今日も雲一つない御嶽山を見ることができました。

Kisohgs3.pngKisohgs4.png