日々の出来事

高遠だるま市に出店しました

Darumait.jpg(高遠だるま市に出店しました)

2月11日、伊那市高遠町の鉾持(ほこじ)神社で、伝統の「だるま市」が開かれました。
毎年約2万5000人が訪れるというこの「だるま市」、神社へ向かう300段余りの石段は、昨年のだるまを奉納する大勢の人々の行列ができていたそうです。

今年は権兵衛トンネル開通後最初の「だるま市」、トンネルの開通により伊那と木曽の交流が盛んになり、木曽からは王滝村が出店することになりました。そこで日野百草本舗王滝店が協力する形で出店することになったわけです。また出店に際しては、木祖村の漬物のグループ「しょう漬けの会」にも協力していただき、木曽の物産を展示販売いたしました。

店頭は、新しいだるまを購入したお客様などで賑わいを見せ、木曽の物産にも非常に関心が集まったようです。
当本舗の出店では、奈良井店に行ったことがあるお客様からはハーブクリームの人気が高く、また、「木曽のあま酒」の試飲・販売が好評だったようです。