日々の出来事

奈良井宿場祭り

今朝は少し雨が降っていて肌寒く感じましたが、次第に天気が良くなり、午後は暖かくなりました。

毎年6月の第一金曜日から日曜日まで、奈良井宿場祭りが開催されます。

江戸時代に宇治茶を将軍家に献上するために、お茶壷を駕籠に乗せて、京都から江戸まで中山道を通って運びましたが、この行列をお茶壷道中と呼んでいたようです。

午後2時ころに、「下にー、下にー」という声が聞こえたので、急いで外に出たら、行列の先頭は数軒先に行っていました。

Ocha1602.JPGしばらくしてお茶壷を乗せた駕籠が奈良井店の前を通りました。

この行列には多数の人が参加していますが、地区の若者だけでは足りないので、外部からも参加してもらっているようです。

どのような関係があるかわかりませんが、山梨県都留市から来た若者たちが行列に参加していました。(下の写真)

Ocha1603.JPG奈良井店の前で、お祭りに来た人たちに紺碧黒酢を飲んでいただきました。暖かくなってきたので、のどの渇きを潤していただけたと思います。(右の写真の奥)