木曽の便り

御嶽山噴火帰幽者慰霊祭

今日は御嶽山噴火があってから一か月になりました。尊い57名の命が奪われ、6名の行方不明者がいるという大変に悲惨な災害でした。

木曽町三岳の太陽の丘公園の慰霊献花台が設けられている場所で、御嶽山噴火帰幽者慰霊祭が斎行され、木曽町役場・議会、警察、消防、御嶽山関係者と犠牲者のご家族などが参列しました。右の写真のように献花台と祭壇の向こうに御嶽山が見えました。

噴火の起こった11時52分に、亡くなられた方々のご冥福と、まだ行方不明の6名の方々が、ご家族のもとに一日も早く帰ることができるように願いつつ、黙とうをしました。

その後、神事が行われました。玉串奉奠があり、私も玉串を奉奠しました。

物理的な被害を受けた山小屋や御嶽ロープウェイの方々も参列していたので、開式前に被害の状況などを伺いましたが、復興まで大変と感じました。