木曽の便り

木祖村商工会・日進市商工会 友好姉妹提携25周年記念

平成元年11月に木祖村商工会と日進市商工会が友好姉妹提携の調印をしてから25年になります。

昨日木祖村の村民センターで25周年記念式典があり、日進市から市長、議会議長、議員、商工会長など約90名の方が式典に参加されました。

式典の中で弊社は感謝状をいただきました。真にありがたいことと感謝申し上げます。

式典の後の交流懇親会では写真のように木祖村の複数の団体から踊りが披露されたり、7月の藪原夏祭りのときの上町と下町の獅子舞が披露されました。

Nissin3.jpg今日の10時頃に、昨日宿泊された日進市の45名の参加者が弊社の見学に立ち寄られました。

弊社の胃腸薬の百草・百草丸の主成分のオウバクはミカン科のキハダの内皮から作られます。梅雨で水分を多く含んでいるキハダは皮むきが容易にできるので、2階の大会議室で皮むき体験をしていただきました。皮むき専用の工具はわずかしかないので、ねじ回し用のドライバーを使って皮むきをしていただきましたが、数分で皮むきを終えていました。

Nissin4.jpg1階の見学者広場では、ビデオを使って百草丸の製造工程の説明をしたり、今日は休みで作動していませんが、窓越しに製造機械を見ていただきました。

会社見学を通して日進市との交流に協力することができ、本当に良かったと思っています。