日々の出来事

産業事情視察

ローワーク主催の「産業事情視察」において、地元の高校生が当社の見学にいらっしゃいました。
「産業事情視察」は、同所が管内高校卒業生の地元就職促進と地元企業の発展、木曽地域の産業活性化に寄与することを目的として、木曽職業安定協会との共催により実施している事業です。この中で当社は、地域の医薬品製造メーカーということで選定されました。

今日来られたのは、木曽山林高校と蘇南高校の生徒さんと先生合せて14名。
写真は、会長の井原が会社概要を説明しているところです。その後、ビデオにより会社の歴史、製造工程、製品群、店舗紹介などを見ていただきました。

質疑応答の時間には、「もし日野製薬に入社したら、最初にどんなことをやるのですか?」などの質問がありました。
これについては人事担当者より、「最初に社内研修にて、社会人としての心得や会社の業務内容、製品の基礎知識、会社の規則等についての机上講習があり、次に工場や店舗など直接現場での業務研修(OJT)を行います」との回答を行いました。

当社ではこのようなCSR活動に対して、今後も積極的に取り組んでいく予定です。
※CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)