木曽の便り

しめ縄、しめ飾り

昨年暮れに飾りつけをし、お正月に神様をお迎えした【しめ縄、しめ飾】が飾られているのも松の内までです。
小正月に行われる【どんど焼き】で無病息災や五穀豊穣を願ってお焚き上げされます。
※長野県では1月15日(小正月)までを松の内、どんど焼きもその日に行うのが一般的です。


しめ縄は村内のお爺さんお婆さん達によって丁寧に作られたもので、燃やしてしまうのはなんだか惜しい気持にもなりますが焚き上げもそれも伝統や習わしの一つ。
hino_blog_201901_trowel1.JPG
弊社の伝統薬に関わらず、風習や地域の伝統も大切に残していきたいですね。


撮影・記事/星