木曽の便り

夏の終わり

よく見かける葛。
万葉の昔から、秋の七草のひとつに数えられています。

食用として

根に含まれるデンプンから【葛粉】として利用されてきました

薬用として

根を乾燥させたものを生薬名【葛根(かっこん)】と呼び、発汗作用・鎮痛作用があるとされ、葛根湯などの原料となります。