日々の出来事

出尻一里塚跡に案内板設置

江戸時代に街道に道しるべとして一里塚がありました。木曽には中山道の一里塚が22カ所ありましたが、現在何も痕跡がない10カ所の一里塚跡に石碑と案内板を設置する活動を行ってきました。

石碑に刻む文字と案内板に記載する説明文を地元の小中学生に書いてもらいました。

今日、出尻一里塚跡に案内板が設置されたので、長文の説明文を毛筆で書いてくれた、福島中学校を卒業したばかりの宮田知佳さんに感謝状と図書カードを贈呈しました。宮田さんのご家族と親戚の方々、福島中学校の先生、取材に来たマスコミの人たちも参加していただいたので、たくさんの人に案内板のお披露目をすることができました。

4月1日から福島中学校と三岳中学校が合併し、新しい学校名になる前の年度に、福島中学校の名前を未来に残せる案内板を設置できて、本当に良かったと思っています。

出尻一里塚.png