木曽の便り

御嶽神社の太々神楽

1/4(木)、御嶽神社にて太々神楽(だいだいかぐら)の奉納行事が行われ、会長の井原が参加いたしました。

御嶽神社 太々神楽
御嶽神社 太々神楽(写真提供:木曽町観光協会)

太々神楽とは、御嶽神社に古くから伝わるその年の豊作を祈願する祭事で、毎年1月4日に行われています。地元住民約50名による太々神楽保存会が中心となり、全部で12演を3年掛かりで揃うよう毎年4演ずつ交代で舞われます。今年はその1~4演(岩戸開き、御神入、番の舞、五返舞)を行う初奉奏で、笛や太鼓の音色に合わせて、猛稽古の成果を披露し、家内安全や豊作を祈願しました。
写真は五返舞で、剣を片手に天狗の面をつけた4人が勇壮な舞を披露しました。